これは、あなたのために
用意した”手引き”です。

コンサルには頼まず、自分で書きたい。でも、どう書けばよいかわからない。この「オンラインセミナー&記入例」は、そんなあなたのために用意した”手引き”です。

オンデマンド配信なので、いつでも、どこでも、今すぐにセミナーを受講できます。

内容に不満足ならば、
全額返金に対応。

ご購入後、内容にご満足いただけなければ全額返金いたします。返金申し込みはこのページの最後のお申し込みフォームからご連絡ください。なお、返金の受付はご購入日を含んだ7日間以内といたします。

7/12時点での返金実績3名 (68名中)

お客様の声

葵マネジメントいしがや 石ケ谷章二様

令和元年度補正公募要領に対応いただきありがとうございます。 平成30年度補正の記入例から、さらに内容が充実された思います。



オンラインセミナー&記入例一式に含まれるもの

  • 2020年実施ものづくり補助金対策オンラインセミナー(2020/6/1公開公募要領3.2版準拠)
  • オンラインセミナー資料
  • 4種類の申請書記入例(①通常枠・高度化指針、②通常枠・生産性向上ガイドライン、③特別枠・高度化指針、④特別枠・生産性向上ガイドライン)
  • 採択可能性判定ツール
  • 記入事項チェックリスト
現時点で提供しているコンテンツは、令和元年度補正ものづくり補助金(2020年実施)の2次締切公募要領・申請様式(2020年6月1日公開 3.2版)に準拠しています。
今後、公募要領が改定された場合、ご購入者の皆様を対象に、コンテンツの無償アップデートをご案内いたします。
※ただし無償アップデートを保証する期間は、5次締切(令和3年2月予定)までといたします。
このコンテンツは、以下の公募には対応しておりません。
ものづくり補助金(ビジネスモデル構築型)
・ものづくり補助金(グローバル展開型)
ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金

コンテンツの概要が動画でわかります。


コンテンツ一式のご紹介

オンラインセミナーについて

参加者満足度95%を超える当社セミナーをオンラインで何回でも視聴可能
2時間22分の充実した解説
「申請書オリジナル記入例」にそって具体的に解説
これまで114件の支援実績(うち91件採択)に基づいた実践的な内容

オンラインセミナーの構成(章立て)


申請書記入例について

2020年実施ものづくり補助金の4種類の申請パターン(特別枠含む)に対応
申請パターンごとに「参考様式1」「具体的取組内容と将来の展望」「事業計画の算出根拠」を用意
審査対策として重要なポイント(50箇所以上)に、当社代表今村敦剛のコメント・アドバイスを記述

申請書記入例サンプルをご覧ください

採択可能性判定ツールについて

過去7年間におけるものづくり補助金支援経験(114件)をもとに、独自で考案した採択可能性判定ツール
自社の申請書・申請内容が、審査項目に対してどの程度の評価を受けそうかを自動的に判定できる
自社の申請書・申請内容のどこが弱点かをひと目で確認できる
Excelファイル形式

採択可能性判定ツールのサンプルをご覧ください


オンラインセミナー資料について

満足度95%を超える当社セミナーで実際に使用している資料、全87ページ
「補助金とは何か」から説明をする、初心者にも優しい資料
オンラインセミナー動画と連動し、公募要領や書き方の主なポイントを解説

セミナー資料サンプルをご覧ください


記入事項チェックリストについて

審査対策や記入上の重要なポイントとして、全部で95箇所のチェックポイントを記入
記入ミスによる不受理の可能性を大幅に削減

チェックリストサンプルをご覧ください

よくある質問

よくある質問

Q
このコンテンツは、ものづくり補助金ビジネスモデル構築型やグローバル展開型、ものづくり補助金高度連携促進補助金に対応していますか?
A

このコンテンツは、以下の公募には対応しておりません。
・ものづくり補助金(グローバル展開型・ビジネスモデル構築型)
・ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金

Q
昨年度のコンテンツも購入したのですが、今年度のコンテンツとはどう違いますか?
A

セミナー動画は全て録り直しし、最新の動向にアップデートしました。記入例とチェックリストも記述を充実させています。また、電子申請に対応した手引を新たに設けました。

Q
どうやってオンラインセミナーや資料を購入・ダウンロードするのですか?
A

①クレジットカードによるオンライン決済、もしくは②請求書払いのどちらかをお選びいただけます。①オンライン決済をご希望の方は、こちらをクリックしてください。別ウインドウで、決済手順を解説します。

②請求書払いをご希望の方は、このページの一番下の問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします。

Q
オンラインセミナーはインターネットにつながっていれば受講できますか?
A

はい、受講可能です。当社のオンラインセミナーはVimeoを利用していますので、受講できるかどうかはVimeoの環境によります。お使いのブラウザは最新バージョンがインストールされていること、H.264 ビデオを読み込めるシステムを使っていることをご確認ください。

動作検証のためには、下記の動画をクリックして、動画・音声ともに異常がないことを確認してください。

エラーメッセージが出る場合には、こちらをご参考ください。

Q
オンラインセミナーの音が聞こえないのですが?
A

それぞれのPCやスマートフォンなどがミュートになっていませんか。端末本体のボリュームと講師映像にあるスピーカーで調整をお願いします。

Q
iPhoneやiPad、Android端末でオンラインセミナーを見ることはできますか?
A

はい、可能です。当社からお送りするURLをクリックしていただければ視聴可能です。専用アプリケーションなども不要です。

Q
申請書オリジナル記入例などのダウンロード資料のファイル形式は何ですか?
A

採択可能性判定ツールだけがExcel形式であり、その他の資料はpdf形式です。 したがって、Microsoft OfficeやAdobe Acrobat Reader等のインストールが必要です。

Q
ダウンロードした資料を誤って削除してしましました。再度ダウンロードすることはできますか?
A

ダウンロード回数に制限を設けているため、ダウンロードはできません。誤って削除した場合には、当社の問い合わせフォームからご連絡ください。正規のご購入者であることが確認できれば、当社よりメール等で再送いたします。

Q
当社は〇〇業なのですが、〇〇業の記入例はありますか?
A

申し訳ありませんが、業種別に記入例を用意しているのではありません。当社マネジメントオフィスいまむら(コンサルティング業)を題材とした架空の事例であり、技術的にはあり得ない内容を意図的に記述しています。(そのまま申請に使われないようにするためです)

Q
このセミナー動画はいつまで視聴することができますか?
A

少なくとも5次締切終了後(2021年・令和3年2月予定)までは公開しておく予定です。

Q
セミナー内容や記入例の内容について、質問したいことがあるのですがどうすればよいですか?
A

当ページの問い合わせフォームからご質問ください。ただし、当社製品の内容についてのみご回答します。(「当社は〇〇の事業を考えているが、採択の可能性はあるか」といった質問にはお答えできかねます。こういったご質問は、別途コンサルティング費用を頂いてからご回答申し上げます)

Q
セミナーや記入例を見て、これは自分の手には負えないと感じたときには、マネジメントオフィスいまむらにコンサルティングをお願いすることはできますか?
A

当社にコンサルティングを受け付ける余力がある場合に限り、承ります。締め切り直前のご依頼などには対応できかねますので、ご承知おきください。

Q
クレジットカード払いをしましたが、領収書を発行してもらうことはできますか?
A

はい、可能です。当ページの問い合わせフォームからご依頼ください。


オンライン決済手続き

オンライン決済手続き


オンライン手続きであれば、下記のボタンから決済手続き後すぐに、「オンラインセミナー視聴手引き」「オリジナル記入例」を含む、5つの資料のダウンロードができます。

2020年7月12日時点で68名にご購入いただきました(うち3名に返金)

¥22,000 – 購入
ドメイン認証型SSL Let’s Encrypt で当Webを暗号化しており、安全にお買い物ができます。

ご購入者は、当製品の利用規約への同意が必要です

利用規約はこちらをクリックしてください。別ウインドウで表示されます。

全額返金についての条件をご確認ください。
  • 返金の受付はご購入日を含んだ7日間以内とします
  • 返金は原則、クレジットカードの返金処理にて行います
  • 銀行振込での返金にも対応しますが、その際は返金先の口座情報をお伺いします。振込手数料は購入者の負担とし、購入代金から振込手数料を減じた額を入金します

請求書払い希望の方・ご質問・返金希望の方はこちらから

請求書払い・返金依頼・ご質問はこちら

請求書払いご希望の場合は、下記のフォームに必要事項を入力してください。当社で受付後、メールでご請求書をお送りします。当社にて入金が確認でき次第、資料はメールにてお送りします。

お問い合わせ種別
お名前必須
メール必須
会社名任意
お問い合わせ内容必須
記述欄任意


コンテンツ改訂履歴

改訂履歴

v1.02020/1/20・初版公開
v2.02020/3/14・公募要領公開に伴い、コンテンツを全面改訂
v2.12020/3/23・3月19日(木)の公募要領・様式改定に伴い、内容変更
・政策面①~③の内容を改定。具体的には下記の通り
-オンラインセミナー動画、政策面の説明箇所を差し替え
-セミナー資料、政策面の説明箇所を差し替え
- 記入例 政策面の記述を改定
v2.22020/4/2・セミナー資料においてJグランツという言葉を削除(p8, p25, p31)
・セミナー資料においてページ数制限の記述を変更(p31)
・上記の変更に合わせ、オンラインセミナーの該当箇所差し替え(7:40, 46:00, 54:00ごろ)
・記入例 事業計画の算出根拠(㈱○○).pdfを1枚に集約
v2.32020/4/20・公募要領2.3版に対応
・セミナー資料において、特別枠について表記(P11, P12, P16, P48)
・上記の変更に合わせ、オンラインセミナーの該当箇所差し替え(11:41, 22:40, 1:26:30ごろ)
・記入例 特別枠(高度化法、ガイドライン)を作成
v3.02020/5/25・公募要領3.0版に対応
・セミナー資料において、事業再開枠について表記。災害加点項目から台風15,19号被災企業を削除(資料P11、P12、P16、P21、P49)
・上記の変更に合わせ、オンラインセミナーの該当箇所差し替え(11:45, 23:18, 1:27:53ごろ)
・特別枠の記入例において、事業再開枠の記述を追加
・事業計画書その3(算出根拠)を修正
・チェックリストを公募要領3.0版に対応
・採択可能性判定ツールを公募要領3.0版に対応